マンションが売れない理由は何?

マンションが売れない理由を考察してみます。まず、他のマンションと見比べてみた場合に価格が高く設定されすぎているのかもしれません。価格が原因なら、内覧会時の客数もあまり伸びません。周辺の物件と照らし合わせて価格を減額することが必要となってきます。また、不動産会社の担当者がマンション販売における販促活動を怠っている場合です。これを防ぐためにも、仲介契約をする時には、ちゃんとレインズに登録しているか確認を忘れないようにしましょう。昔ながらの木骨モルタルや木造の一戸建の耐用年数は、税法上は20年ないし22年であり、残存年数の平均は約30年というのが国土交通省の調査でわかっています。ですから、よほど特殊なケースでない限り、築30年超の家の査定を業者に頼んでも、建物は価格がつかないか、もしついても5、60万円ほどと見積りされるのが普通です。売却可能な場合でも、おそらく土地の価格のみになるだろうと思われますので、最初から「土地」として売った方が良いかもしれません。何事も無く、所有していたマンションを売った後は、忘れてはならないことの1つは、納税の手続きです。所得税や住民税などの手続きが必要なのです。売却したことで利益を得た場合、残念ながら税金がかかってきます。しかしながら、売却したマンションが自らの居住用で住み替えなどで売った場合には、例として、3000万円の特別控除、さらに、特別軽減税率という特例があります。事前に調査をした上で、確定申告をすれば、しばらくして、納税していたお金を取り戻すことができます。残念ながら、不動産一括査定サイトを利用したために悪質な営業を受ける被害は時々あります。そのため、匿名で売却予定の不動産物件がいくらになるのか知りたいという人も後を絶ちません。

そのニーズを受けて、今どきは、不動産一括査定サイトの中でも匿名利用が可能なサイトが主流になっているようです。こうしたサイトが人気になる理由は、査定を受けた後に何度もかかってくる営業の電話や宣伝のDMに煩わされず、信頼できない会社に詳細な個人情報が漏れる危険がなく、安心感が違うということでしょう。しかし、残念ながら匿名の一括査定サイトでは簡易審査だけしかできないので、正確な査定額を知るためには、個人情報を入力し訪問査定を受けなければならないでしょう。不動産の査定を行う時、物件の情報のみを参考にして査定を行うことを「簡易査定」と呼び、現地に赴いて直接確認しながら査定を行うことを「訪問査定」と呼びますが、所要時間も変わることを留意しておきましょう。まず、簡易査定に必要な時間ですが、最も早ければ30分程度で、長くても1時間かからないでしょう。訪問査定を選んだ場合、担当者が物件を訪問するのは長くても1時間かからないでしょう。とはいえ、役所への調査を含めた時間が加算されるので、場合によっては1週間近い時間が必要になることがあると覚えておいてください。普通、不動産の任意売却の話になるとメリットが強調される傾向がありますが、もちろんそんなうまい話はなく、しっかりとデメリットも存在しています。任意ということは当然、競売のような強制売却方式ではないということなので、いくつかの手続きを行わなくては売却ができません。金融機関との話し合いや交渉、手続きは絶対にしなくてはいけないですし、購入を希望される方の内覧には立ち会わなくてはならず、相当な負担を強いられることを覚悟せねばなりません。さらに悪いことに、これほどまでに負担を強いられながらも、100パーセント売却できるわけではないのです。

物件の査定額を決定する査定基準には、多くの細かな項目がありますが、マンションの場合はおおよそ二つに分類できます。まずは、地理的条件です。具体的には生活の利便性の高さに付随する周辺環境や景観、あるいは交通機関の充実など、「場所」そのものに対する査定です。もう一つが物件自体の査定になります。例えば、築年数ですとか、設備の充実、共有部分や階層はもちろん、室内の日当たりの様子や方角、周辺の環境による騒音振動の有無、セキュリティー部分です。このような、詳細な基準をもって査定を行っているようです。多くの不動産会社では物件売買の仲介としての立場を取りますが、会社次第では、直接買取をしてくれることもあるのです。具体的には、不動産買取業者から査定を受け、査定額に問題なければ、その業者と契約を結び、売却手続きに入ります。仲介での売却を選んだ場合、買い取ってくれる第三者を探す時間が必要ですが、この時間を省略できる買取は物件を今すぐお金に変えたい時には最適です。住宅ローンが残っている家を売る際には、売る前にかならず完済していなければなりません。完済が無理であれば、ローンの貸主である金融機関と交渉した上で、売却の承諾を得る(任意売却)のが普通です。個人で任意売却の手続きをするのは難しいことから、任意売却を得意とする弁護士や専門業者などを通じ、効率的に手続きしてもらうほうが安心です。最近は、不動産仲介業者の数が増えています。上手に業者を選ぶコツとしては、ネットの一括査定サイトを使って、複数の業者に簡易査定をお願いする方法です。その後、しばらくするといくつかの業者の査定結果が送られてきますから、良さそうな業者を見繕って現地まで来てもらって、実際に査定してもらいましょう。具体的な査定額の内訳や、疑問点を問いかけた時に、はっきりと応えてくれる業者であれば信頼できるでしょう。反対に査定額が高額であろうとも、こちらが素人だからと質問にも適当に答えたり、しつこい営業を繰り返すような業者はやめた方が良いと言えます。

チェック⇒アパート売却 高く売る おすすめ